座面小さい椅子

日本人のために作られたアーユルチェアー

昔の日本では畳の部屋で正座をすることが多かったかもしれませんが、現代の日本では椅子に座っている時間がとても長くなっています。

 

 

実は椅子というものは元々、体の背中側の筋肉が発達していていつも胸を張った状態でいられる欧米人が使いやすいように考えて作られたものです。

 

 

だからこそ椅子選びはとても重要なことなのでしょう。

 

 

アーユルチェアーであれば前側の筋肉が発達している日本人が使いやすいように作られた椅子なので、とても座り心地がよくなっています。

 

 

特徴として座面が2つに割れていることと、背もたれではなく腰当てが取り付けられていること、そして座面が後傾であることと山型をしていることもあげられます。

 

 

アーユルチェアーの座面サイズは29センチ×29.5センチとコンパクトサイズになっているため、自然とお尻全体ではなく坐骨で座ることが出来るのです。

 

 

また座面の素材はインテグラルポリウレタンフォームというマウンテンバイクのサドルにも使われている素材になっています。

 

 

直営店ショールムに行けばチェアーフィッターという専任のスタッフさんいるので、正しい座りや腰痛予防エクササイズについてレクチャーしてもらうことが可能です。

 

 

もちろんのことアーユルチェアーはインターネットで注文にも対応しています。

 



>>アーユルチェアー【最安値】通販ショップはコチラ<<


 

▲上へ戻る