椅子 腰が痛い

アーユルチェアは日本人のためのイス

現代では多くの日本人がイスを使った生活をしていますが、かつては畳に正座やあぐらで直接座っていました。

 

 

今でも着物姿で畳に座れば、ピンと背筋が伸びる人は少なくありません。

 

 

一方、欧米人に言わせれば床に座るというのは信じられない行為らしいです。

 

 

イスを使うのが当たり前なのです。

 

 

つまり、イスは元々、欧米人のために作られた道具なのです。

 

 

みなさんもご存知の通り、日本と欧米では言語や文化が違うだけでなく、人の体型や骨格も違いますね。

 

 

最近の若者は欧米並みに背も高くなったとはいえ、遺伝子は受け継がれています。

 

 

なのにイスは欧米人向けのものを使っていては、姿勢が崩れたり、腰痛や肩こり、頭痛などを訴える人がいるのも至極当たり前なのかもしれません。

 

 

そこで、生み出されたのがアーユルチェアです。

 

 

アーユルチェアは日本人のために作られたイスなのです。

 

 

なんと3年もの歳月をかけて開発され、畳文化でピンと背筋が伸ばせていた頃の日本人の正しい姿勢を取り戻す設計がなされています。

 

 

アーユルチェアを正しく利用することで、歪んでしまった姿勢を改善し、正しい姿勢へと導きます。

 

 

そのため使っているうちに腰痛も肩こりも、頭痛も改善していくことでしょう。

 



>>アーユルチェアー【最安値】通販ショップはコチラ<<

 


 

▲上へ戻る